マンガ好きなイケダハヤトさんも未読のおすすめマンガをまとめました

ブログでもおすすめマンガを紹介していて、マンガ好きなイケダハヤトさん
先日、chatcastでお話させていただきました。
その様子は以下の記事にて。
『2016年は何をする?「田舎フリーランス養成講座」の山口拓也さんとお話。』

という真面目な話もしたのですが、ずっとマンガの話をしたいと思っていて、おすすめのマンガを紹介し合いました(笑。
chatcastでも確認できますが、あらすじやおすすめポイントを追記したかったので、改めて記事にまとめておこうと思います。

イケダハヤトさんもまだ読んでいないマイナーだけどお勧めなマンガです。
※未読かどうかの確認を全てとったわけではないため、既読なマンガも含まれている可能性あります

アトム ザ・ビギニング

鉄腕アトム誕生前で、天馬博士と御茶ノ水博士が若者だったときの話。
表紙の通りまだまだロボット感が強く、ここからアトムへと成長していったんだなと感慨深いです。

くまみこ

癒し系マンガですね。
田舎っ子な巫女と面倒見がいいしっかり者なクマという斬新な組み合わせ。
気分転換にさくっと読めてちょうどいいです。

惰性67パーセント

「げんしけん」と「東京トイボックス」を混ぜたような感じのマンガ。
大学生活の堕落さ具合や惰性って言葉がすごく合います。

何もないけど空は青い

「お茶にごす」の作者の新作。
地球に隕石が落ちて「鉄が地球上から無くなる」という謎設定から始まる世界でのお話です。
車や電気も使えなくなり原始的な生活になっていくなかで、人々がどう生きていくのか、をファンタジックかつ、たまにコミカルに描いています。

この話がどう結末に進むのか結構見えず、ストーリー展開が比較的ゆるやかなのもなんか斬新です。

将国のアルタイル

大国での戦争系マンガなのですが、絵のタッチやストーリーの軽快さが結構好きです。
「鋼の錬金術師」と「キングダム」を足して2で割ったような感じのマンガですね。

もう少し戦闘やストーリーに勢いがあるか、ミステリアス要素が高いともっと面白くなるんだよなと。

野望の王国

元祖サンクチュアリですね。サンクチュアリよりも大分昔に出ているマンガです。
ヤクザの末っ子で生まれた東大卒の主人公が同じく東大卒の親友と共に、親族のヤクザを殺してヤクザのトップへとのし上がる話ですね。

一度読み始めると中々やめられない。。Kindle版で全25巻です。

LOVE理論

ドラマ化されて話題にもなった恋愛テクニック伝授マンガ。
マンガとしてのストーリー性は普通ですが、恋愛テクニックを面白く表現していてすごいなと。

午前3時の無法地帯

ねむようこシリーズは男性でも読んでも面白いはず。
一番のおすすめは午前3時シリーズで、「仕事、夢、恋愛」に悩む20代の姿をすごく上手く表現しているなと思います。

自分にとって何を大事にしたいのか、どういった選択がいいんだろう、と考えている人に読んでもらいたいマンガ。

マギ

マンガ好きでも意外と読んでいない人が多い気がするマンガ。
(サンデー系マンガって絵柄が子ども向けな感があって手を引いちゃうんですよね)
王道ファンタジー/冒険系マンガです。

イケダハヤトさん!新しく2つほど見つけました!

最近面白いマンガを新たに見つけたので、追記しますね!!
もし読んだことないようでしたらぜひ!!!!

one outs

ライアーゲーム作者甲斐谷さんの代表作。
詳しくは下記の記事でまとめたので詳細は以下にて。

『1アウトで500万円獲得。1失点につき5000万円を支払う。ライアーゲーム作者の旧作「ONE OUTS」が面白い!』

僕たちがやりました

最近読んだ中で断トツ一番でした。
平凡な高校の普通の高校生がヤンキー高校生に絡まれいじめを受け、その仕返しとして高校に爆弾を仕掛けて脅かそう、と作戦をたてることに。
ただ脅かそうと思って用意したはずが予想外の事態へと発展してしまい。。。

誰しも中高生のときに「こんな奴いなくていいのに」と思ったことは一度はあるんじゃないかと思います。
それが形になったとき本人はどんな気持ちを抱くのか、追い込まれていくなかでどんな行動をとっていくのか、心理描写が繊細で、ストーリー展開も上手く一気に読めちゃいます。

ということで、イケダハヤトさんも未読のおすすめマンガをまとめておきました。
後半は未読かどうかの確認をとっていないマンガが多いので、既読の可能性も大いにあるのでご了承ください、、笑。

また、イケダハヤトさんも自分に未読そうで面白いマンガを紹介してくださったので、それらはブログなどで後々紹介されると思うので楽しみにお待ちください!