【随時更新】WEB系フリーランスが使っておいて損はないWEBサービスまとめ

WEB系フリーランスのみなさん、普段はどんなツールを使っていますか?
Google apps、Evernote、Dropboxなど定番ツールは使っているかと思いますが、それら以外にどんなWEBサービスを使っているのか結構気になっています。

実際に話していて「これ使わないの損でしょ!」と思うことがたまにあるので、WEB系フリーランスが使っておいて損はないWEBサービスを紹介します。

WEB系フリーランスにおすすめのWEBサービスまとめ

【業務関連】
請求書作成サービス「Misoca」
記帳代行サービス「メリービズ」
バックオフィス支援ツール「Bizer」
クラウド会計ソフト「freee」
クラウド契約サービス「Cloudsign」
ビジネスチャットツール「Chatwork」

【ブログ運営/マーケティング関連】
検索順位チェックツール「GRC」
WEBサイト分析ツール「SimilarWeb」
βtoolsの「画像サイズ変更ツール」
ツイート予約投稿ツール「Buffer」

請求書作成サービス「Misoca」

misoca09121
https://www.misoca.jp/

請求書作成ツールで簡単に請求書の作成ができます。
一番の魅力は「請求書の郵送代行」をしてくれること。

その他にも売上回収保証やクレジットカード決済の付与など便利なオプションもあります。

関連記事:『請求書の郵送って手間じゃない?フリーランスなら「misoca」を使え!』

記帳代行サービス「メリービズ」

merrybiz
http://merrybiz.jp/

月2,980円で記帳代行をやってくれます。
経費書類がそこまで多くないのであれば自己管理で大丈夫ですが、こういった事務作業が苦手で少しでも仕事に集中したいのであれば活用するといいと思います。

自分は法人のため税理士と顧問契約しそのなかで記帳代行もお願いしているのですが、もし元に戻せるのであればメリービズで安く抑えたいです。

バックオフィス支援ツール「Bizer」

bizer
https://bizer.jp/

会計処理、源泉徴収、社会保険など総務・労務関連の相談や依頼をすることができます。
顧問税理士を雇うほどではないけど、分からないことがたまにある、といったときにとても重宝します。

フリーランスというより、小規模のベンチャー企業におすすめです。

クラウド会計ソフト「freee」

freee
https://www.freee.co.jp/

銀行の入出金/クレジットカードのデータを自動取得し仕訳もしてくれる会計ソフトです。
帳簿や確定申告書類を簡単に作成できて、年末にかなり活躍します(普段は割と普通)
「レシート類はメリービスの記帳代行」「銀行/クレジットカードはfreee」で入力といった形がおすすめです。もしレシート類が少なければfreeeだけでまとめてもいいと思います。

また、freee以外にも「MFクラウド会計」など類似サービスは幾つかあります。
機能面は大差ないので自分にあったツールを使えばいいと思います。

クラウド契約サービス「Cloudsign」

cloudsign
https://www.cloudsign.jp/

オンライン上で契約締結ができるクラウド契約サービスです。
運営会社は弁護士ドットコムということで信頼でき、契約や申込手続きは全てCloudsignを使っています。

大手企業だとオンライン上の契約締結は嫌がりますが、ベンチャー企業や個人など契約はしておきたいけど手間なく済ませたい、というときに最適です。
そして、契約書送信件数が月10件まで無料なので個人が使う規模であれば十分無料で活用できます。

ビジネスチャットツール「Chatwork」

chatwork
http://www.chatwork.com/ja/

ビジネスチャットツールはChatworkを普段使っています。
「facebookやLINEはプライベートで使いたい」「ビジネスに特化し見易さや使いやすさがある」という点がChatworkの特徴で、具体的な機能として、タスク申請ができる、グループチャットを作成し個々に返事、など仕事するうえで使いやすいです。

SlackAsanaも人気ですが、日本語なのは正直使いやすく、「グループチャット」「タスク申請」ができるだけでいいので、Chatworkを普段は活用しています。

検索順位チェックツール「GRC」

grc
http://seopro.jp/grc/

アフィリエイトやブログ運営をしているのであれば、検索順位を確認するツールとしてGRCは必須です。
簡単なチェックであればSEOチェキでもいいですが、ほぼ毎日同じ検索ワードで確認するのであればGRCでまとめて登録して確認するのが効率的でいいでしょう。

デメリットは無料版だと登録できる検索ワードが少なく、やや使いにくいところ。

関連記事:『検索順位を自動確認するなら?SEO対策・検索順位チェックの必須ツール「GRC」』

WEBサイト分析ツール「SimilarWeb」

similarweb
https://www.similarweb.com/

競合サイトのWEBサイト分析をするときに便利なのがSimilarWeb。
アクセス数の目安、アクセス流入元の分析など実際のデータと比較的近く参考になります。

グラフデザインもお洒落なので、スクショしてそのまま提案書類に使うこともできるかと。

βtoolsの「画像サイズ変更ツール」

btool
http://neutralx0.net/tool/img.html

画像サイズ変更などどれを使っても大差はありませんが、手軽さからこのツールを使っています。
トリミング・サイズ変更ができ、jpg保存ができる、ということで、さくっと画像編集したいときにぴったりです。

βtoolsの「集中線追加ツール」も人によっては重宝するはず。

ツイート予約投稿ツール「Buffer」

buffer
https://buffer.com/

ツイートの予約投稿に使っているのはBuffer。
細かな時間指定をその都度せずに予約投稿できるのが便利なのと、ツイートボタンがない記事をツイートするときにも使っています。

クリック数がぱっと確認できる、Twitter以外でも活用できる、画像付きツイートがしやすい、という点も便利。
WEB系フリーランスなど関係なくかなり使えるWEBサービスなので「Buffer知らなかった」という人はぜひ使ってみてください!

便利なWEBサービスを活用して作業効率を上げましょう

自分は字がそこまで上手くないので、請求書の郵送が本当に手間で苦手で、精神的にも疲れるんですね。
使える時間は限られているのでやりたいことをやるためにも、アウトソーシングできることや業務効率ができることはどんどん取り入れていくといいと思います。

今回紹介したWEBサービスは、WEB系フリーランスなら使っておいて損はないと思いますので、自分にあったWEBサービスがあったらぜひ導入してみてください!