ダイハツ運営のカフェ「コペンローカルベース鎌倉」に行ってみた!

copen

鎌倉に出掛けたところ、自動車メーカーの”ダイハツ”が運営しているカフェがあり、面白いなと思って入ってみました!

ダイハツが運営ってどういうこと?

copen1

上に書いてある通りですが、普段は車の製造/販売が主なダイハツですが「地域に根ざし、次のローカルライフをつくっていく企業」という想いから、ドライバーズカフェをやっているとのこと。

確かに”場”を運営することで得られる価値やブランドはあり、今後はもっと大事になっていきそうな予感。

コペンローカルベース鎌倉はこんな感じ

そんなダイハツが運営しているカフェ「コペンローカルベース鎌倉」ですが、こんな感じです。

のんびり過ごせて快適でした

ダイハツ運営ですが、車の試乗・販売・説明などは全くありません。
もう普通のカフェと変わらず、というより、他よりものんびりできて快適でした。
店員さんの雰囲気も良くて、豆乳ラテも美味しかったです。

鎌倉のカフェって混んでいて入れなかったり、人が多くて騒がしいときもありそうですが、そこまで混んでおらず居心地良いです。
観光客が多い通りではない影響が大きいのかなと。

あと、PC作業もしやすい雰囲気だったので、さすがに観光客が多いカフェで作業はしにくいと思うので、鎌倉のカフェでノマドワークしたい人には丁度良いです。

鎌倉駅近辺でカフェに行くならおすすめ!

ということで、鎌倉駅近辺でカフェに行くならおすすめです。
目の前に駐車場があるので車で行ってもすぐに入れます(30分200円で周囲より高めですが、そのおかげで空いていました)
ただ平日は最大1,200円なので比較的安いです。

鎌倉駅からも徒歩数分なので、駅からも行きやすいです。

鎌倉でどのカフェ行こうか悩んだときには立ち寄ってみてください~!

『コペンローカルベース鎌倉』