2014年秋のおすすめマンガ!この秋に読んで良かったマンガ3選!

2014年秋の漫画

いつの間にかKindleで買った書籍の総数が300冊を越えてました。
・・・ほとんどマンガです。

ということで、たくさんマンガを読んでいるのですが、そのなかでも2014年秋に読んで良かったおすすめのマンガを紹介したいと思います。

アニメ化でも話題な「四月は君の嘘」

アニメ化でも話題になっている「四月は君の嘘」。
主題歌はGoosehouseが歌っているのも注目。

あらすじは以下の通り。

かつて国内外の数々のピアノコンクールで優勝し「神童」と呼ばれた有馬公生は、指導者であった母の死をきっかけにピアノを弾けなくなってしまう。3年後、14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。ヴァイオリンコンクールでのかをりの個性的な演奏を聞き、母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。
(Wikipedia)

アニメでいうと「あの花(あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない)」っぽさがありつつ、「のだめカンタービレ」のような音楽の魅力も伝えつつ、「3月のライオン」の人間模様にも近い、そんなマンガです。
ただこれらより飽きさせないストーリー展開とスピード感から一気に読めちゃいます。

年代も関係なく男女ともに楽しめるマンガかなと思いますので、興味ある人はぜひ。

とにかくお腹が空く「甘々と稲妻」

ご飯系マンガは外れないですね。
「甘々と稲妻」はご飯×家族のようなマンガです。

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!! 月刊「good!アフタヌーン」誌上で連載開始当初から話題沸騰! 愛娘&女子高生と囲む、両手に花の食卓ドラマ、開幕です!!
(Amazon)

ご飯が美味しそうなのは言うまでもなく、登場人物が、
・メガネかけた高校教師
・幼稚園児のひとり娘
・同じ高校にいる女子高生
という組み合わせが意外とはまっていて面白いです。

純粋なご飯系マンガってどうしても登場人物が大人っぽくなる感があり、ご飯をつくる楽しさとかご飯を食べること自体が楽しく読めるマンガだなと思います。

ついに完結「我妻さんは俺のヨメ」

週間少年マガジンで連載されていて、なんか冴えないマンガだな、と思っていたんですが、ちゃんと読んでみたら意外と面白かったです。
至るところに出てくる小ネタと作者の自虐な感じが結構いいです。

在床高校に通うさえない男子高校生・青島等は、ひょんなことから自分が10年後の未来にタイムスリップする能力があることに気づく。タイムスリップした未来の世界では、学校一の美少女・我妻亜衣が彼の妻になっていた。青島は、非モテ仲間の伊東と小松にそのことを話すのだが、まるで相手にされなかった。かくして未来を知る青島と、我妻さんや悪友仲間を始めとするクラスメイトとの間でドタバタコメディーが展開されていくのであった。
(Wikipedia)

同じマガジンの瀬尾さんとは全く違うテイストで、夢のようなキラキラなんてなくて、現実的で成功することもなくて、格好悪いマンガなのです。
その格好悪いけどひたむきになっている姿が魅力的なのかも、と思います。

13巻で完結していてまとめ読みもできるので、一気に読みたい人はぜひ。

ということで、2014年秋に読んで良かったおすすめマンガの紹介でした!