2013年春に読んだあまり知られていない新作マンガ4選!

マンガが大好きで週刊誌は7冊以上読むくらいで、
できればマンガ好きでブランディングをしていきたいくらいです。

ということで、今年になって読んで面白かったマンガを紹介したいと思います。

喰う寝るふたり住むふたり

喰う寝るふたり住むふたり 2 (ゼノンコミックス)

誰かと付き合いたくなる度:★★★★☆
結婚を考えている人に読んでもらいたい度:★★★★★

主人公カップルは交際10年、同棲生活8年目。恋人以上、夫婦未満の三十路直前カップル。
そんなふたりに起こる日常の些細な出来事を男女両方の視点から描いた恋愛ザッピングストーリー。

付き合ったばかりの初々しい恋愛じゃなくて、
同棲とか結婚とか付き合った先を綺麗にでもリアルに描いています。

なんとなく分かる、、!ということも、ちょっとキュンとくるようなエピソードも。

20代で付き合っていて結婚を若干考えている人にぜひ読んでもらいたいマンガ!

トラップホール

トラップホール 1 (Feelコミックス)

社会のリアルが見える度:★★★★☆
アラサー女性に読んでもらいたい度:★★★★★

「午前3時の無法地帯」で有名なねむようこさんの新作です。

29歳、三十路目前。ハル子の幸せは婚約者の突然の一言であっけなく崩れ去ってしまった。
優しく慰めてくれる家族や友人に励まされながらも、どこか息苦しさを感じてしまう毎日。
そんな逃げ場を求める彼女に、東京に住む同級生・浅野は
「上京しちゃいなよ」ともちかけてきて―― 幸せ絶頂から急転直下。
崖っぷちを通り越して、どん底に落ちたハル子の人生リスタート、開始!
(Amazon商品紹介より)

実際にありそうで、少なくともこの感情を味わったことがある人はいるはずだし、
冷たい現実を描きつつも、そこから温かみを生み出してくれるストーリー。
飾らないありのままの現実だけど、だからこそ共感できる場面が多いです。
(ただ今回の作品は好き嫌いがはっきり分かれそう・・・)

永沢君

永沢君 (イッキコミックス)

面白度:★★★★★
懐かしさ度:★★★★★

「ちびまるこちゃん」に登場する永沢君が主人公の物語です。

日曜の夕方を思い出させてくれる懐かしさと安定した面白さ。
「誰が読んでも楽しめるマンガ」ってすごいですね。

花のズボラ飯

花のズボラ飯

主人公の可愛さ度:★★★★☆
ご飯が食べたくなる度:★★★★★

単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花、30歳。花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!(Amazon商品紹介から)

料理系マンガと言えば「深夜食堂」もおススメですが、
主人公の食欲旺盛具合と幸せそうにご飯を食べる姿は読んでいて気持ちいいです。

去年にドラマ化もされて少し注目されていたかも。

どれもまだ数巻しか発売されていませんが、確実に今後注目を浴びるマンガだと思います。
言うまでもなく、どれも面白いので、ぜひともマンガ好きなかたには読んでもらいたいです!

ご意見・ご感想などあればFacebookページでぜひ!

まだ読んだことがないマンガであれば購入して読もうと思いますので、
おすすめのマンガがあるかたは教えていただけたら嬉しいです・・・!