旅行好きな若者向け。今後あると便利そうな旅行系WEBサービス4選!

今後あると便利そうな旅行系WEBサービスということで、多分実在しません。
(もしかしたら既にあるのかもしれませんが)

一応、世界一周をしていて、年に1回は海外に行っていたり、
去年は国内旅行もたくさん行っていたので、旅行好きな人間なのかもしれません。

そんな自分があったら便利だな、と思う旅行系サービスを考えてみたので、
こんなサービスが世の中に生まれたら、喜んで使いたいと思います。

世界一周に特化したクラウドファンディング

ずっと前から面白そうだなーって思っているのですが、
世界一周ってお金がかなりかかるので、クラウドファンディングで集めるという案です。

「世界を舞台にダンスを!全米を熱狂させたナンバーズが世界一周ワールドツアーの旅へ」
って形で既にプロジェクト単位ではあります。

ただ、他のクラウドファンディングサービスと機能でもっと差別化して、

  • サポーターが直接要望できる(~の写真がほしい/~買ってきてほしい)
  • 支援後の様子がブログではっきりと分かる
  • 発案者とサポーターの距離が近い

なんてあるといいのかなーと。
あとは、他と比べて、イベントに繋げたり、
世界一周のサポートをすることで、プロジェクト成功時の手数料以外での収益が見込めるはず。

世界一周の支援から世界一周したい人のコミュニティー、みたいな形にもなりそうだし、
ブログメディアでノウハウ提供、旅人ってブロガー多いから、
発信力もあって、知名度は比較的上げれるような気がします。

課題は市場があまり大きくなさそうな点。

人との出会いで選ぶ旅宿検索サービス

海外でゲストハウスを選ぶときって誰が泊まっているか気にするときありますよね?
特に、日本人宿を選ぶときだと誰が泊まっているか知っておきたいし、
どんな人が泊まっているか、で宿の雰囲気も大分変わってくるので。

なにより旅での出会いって、宿での出会いってことが多い。
と世界一周したときに感じたのです。

ということで、ユーザーがFacebookとかで宿にチェックインし、
誰が宿に泊まっているか、が分かり、人で宿を選ぶ旅宿検索サービスです。

バックパッカーが泊まらない高級ホテルはそもそも掲載させず、
格安宿やゲストハウスのみを掲載し、宿を選んでもらいます。

宿にある情報ノートをサービスの宿情報内につくって、
周辺の観光情報とかをまとめておいても面白いし、
誰がどの宿にいるのか分かると、面白い旅人に会いに行くのもできそう。

まぁ、2年前に一応サービスとして作って失敗に終わったのですが、
今思うと、まだまだ頑張れた気がします。

航空券を行き先秘密で格安で売る

たしかドイツのLCCが昔やっていたと思うのですが、タイトルの通り、
行き先が決まっていない航空券を売るというサービスです。

飛行機って少しでも席を埋めたいけれども、
いろいろ調整など大変だろうし、とりあえず今より安く設定し、
どこ行くか決まっていないけど、席だけ売ってしまおうという案。

日程は日時指定だけで時間帯の指定はできず、
場所はアジア、ヨーロッパ程度の大雑把な指定のみできる。
あとは、金額は高ければアメリカ、ヨーロッパの可能性があり、
温度帯も多少選べたほうがいいと思うので、季節の希望はあり。

出発1週間前に行き先が分かれば準備できると思うので、
時間がある学生とか、どこでもいいから安く海外行きたい人向けに、
こんなサービスがあったら嬉しいなと思います。

このサービスだとどこに行くか分からないため、
値段や場所の比較もできないため、悩むことなく航空券を買えるはず。

どこでもいいからお手頃価格で海外に行きたい派なので、
このサービスあったらぜひ使いたいなーって思います。

旅行必須アイテムのレンタルサービス

旅行のときって良いカメラが欲しくなるんですが、
どうせ使うのって旅行中だけだし、使うかどうか分からないし、
と言いつつ、つい一眼カメラを買ってしまう派なんですが、
旅行期間にレンタルできたら便利だな、と思います。

カメラだけではなくて、旅行であるといい道具全般あるといいなと。

  • バックパック
  • 変換プラグ
  • 辞書
  • 湯沸かし器
  • 南京錠
  • 簡易的なキッチン道具
  • 衣類圧縮袋

などなど。
中古でいいからあると便利なものもあるし、
航空券買うときにセットで借りたり、空港で出発前にぱぱっと借りたい。
(レンタルサービスは既にあっても、使い勝手が悪そう)

デポジット制にすれば、破損や返却がない場合も対応できそうだし、
オプションとしてのサービスであれば中々いい気がします。

旅行系サービスを使うタイミングは3つ

考えながら書いていて感じたことは、
旅行系サービスは「旅行前」「旅行中」「旅行後」のどのタイミングで使うか、
という点で分けることができる、と思いました。

当たり前のことだけど、旅行中と旅行後のサービスは少ない印象で、
旅行前の移動手段や宿などの大きな出費にお金がかかっているんだなーと。

逆転の発想で、旅行後の人向けにサービス考えると面白そうな気がしました。
海外旅行帰りの人たちに次の旅行先の提案を行う、とか。
旅行好きな人ほど旅行に行く回数って多いし、リピート率は高い気がするので。

旅行系サービスってリピーター獲得ってどうやっているんだろう。。

航空会社であればマイルで、旅行代理店はメルマガだけだとしたら、
リピーター獲得を軸に考えると、面白い旅行会社が生まれそう。

ということで、自分の頭の中にあるアイデアを発散させてみました。
来週は、ライフハック系サービスをまとめてみようと思います。