東京に移転しようと思ったけど、やっぱり田舎にいようと思った3つの理由

top_main_yama

イケダハヤトさんが高知県に引越す話や、6月に独立するブロガー(goriさんらふらく君)がいるなど、話題がてんこ盛りな6月の始まりですね。
1年半前から千葉の田舎で独立している立場としては、今後どうなっていくのかとても興味深いです。

東京から地方に行く流れがありますが、逆に、自分は東京に行こうとしていて、結果的に田舎にいようと思った人です。

東京に行こうとした経緯と田舎にいようと思った理由をまとめておこうと思います。

年明けに都内に拠点を移しましたが止めました

『東京進出中。GARAGE AKIHABARAにいます。』と1月に書いた通り、コワーキングスペースを借り、徐々に都内にいる日数を増やしながら、生活拠点も都内に移そうと動いていました。

打ち合わせもあるし、メンバーとのコミュニケーションも直接とったほうがいいし、都内のほうが仕事は捗ると思っていたのですが、正直その差はなく、むしろ悪いかも、と感じるほどでした。

理由としては、以下の通り。

  • 1.打ち合わせが無駄に増えて仕事時間が減った
  • 2.都内にいたけど、メンバーとの接触回数は変わらなかった

打ち合わせはしやすくなったのですが、回数が増えて仕事時間が減りました。
打ち合わせが増えることで、新規顧客獲得や単価アップになればいいのですが、そういったことはありませんでした。
そもそも打ち合わせが増えると言っても大した数ではなく、仕事する場が田舎の自宅か、都内のコワーキングか、といった程度の違いに留まりました。

上の理由は想定範囲内で、どちらかというと内部の効果を期待していて、同じ場所で仕事をすることで、チームとしてより良い成果を出せるようになろうと思いました。
ただ、週5日で働くわけではなく、元々週3日程度で、そのなかで自分もアポがあって出掛けているわけで、接触回数はさほど変わらず、チーム力も差はありませんでした。
コミット度合いが高いメンバーの集まりであれば、同じ場所のほうが絶対いいです。

結果的に、打ち合わせは曜日を決めてまとめたほうが効率的で、なるべく田舎で仕事する流れになりました。

社員採用のタイミングで都内に行こうとして止めました

上の話が1~3月の話ですが、案件も増えコミット度合いが高いメンバーを採用しようと思い、社員としての採用を検討し始めました。
(先日募集開始したので、興味ある人はぜひ!)
人材業界をもっとスマートに!メディア運用できるマーケター募集!(田舎で)

コミット度合いが高いメンバーであれば都内で一緒に仕事することのメリットは大きく、なにより都内のほうが人材豊富で採用に有利です。

・・・と思っていたのですが、結局止めました。
ということで、そろそろ本題の、
「都内に移転しようと思ったけど、やっぱり地方にいようと思った3つの理由」
になります。

家賃が高い

今は家賃3万円の2階建て一軒家で仕事も生活もしています。
『金谷で一軒家を借りちゃいました。』

社員入れて同じ場所で仕事するなら、オフィス借りようと思ったのですが家賃高い。
坪単価1万円以上で、社員1人だけでなくインターン生がいて、今後もメンバー増やしていくなら20坪必要だとしても20万円。
コワーキングスペースだとしても、数人分かかるとしたら5~10万円かかり、利用時間や自由度の拘束があることを考えるといまいち。

それに加えて、自宅を借りる必要もあります。
あと、社員の給料も固定でかかってきます。

今は外注していても金額は変動させやすいですが、オフィス代と社員の給与は変動できない。
ざっくりと月40万円をこれから毎月払うとなると中々重いなぁと。
給与払って成果が出るならいいですが、そうでないとしたら余計に厳しい。
それこそ相性合わず数ヶ月で辞められて、1人でオフィス、は最悪なシナリオだと思ったのです。

そして、オフィス借りるお金で人が雇えるのであれば、人を多く雇いたいなと思いました。

田舎のほうが仕事が捗る

自分が田舎に行った理由でもあるのですが、田舎はつまらないです。

TheStartupの梅木さんも『イケダハヤトは地方の冷飯の味を知らない』の記事で言っていますが、都内のほうが魅力的です。

ただ魅力が多過ぎて、遊べ過ぎてしまうんですよね。

本屋があって、映画も観れて、お洒落なカフェやレストランも多い。
気軽に会える友達や面白いイベントや飲み会も多い。
疲れたらマッサージにも行けて、終電は遅いしタクシーもある。
買い物も気軽にできるし、カラオケもパチンコもなんだってある。

・・・よく遊ばずに、真面目に仕事できるなーと!w
もちろん自分も遊ばずに仕事すると思いますが、誘惑が多過ぎです。

仕事するうえで必要不可欠な魅力は少なく、それこそ週1回行けば大丈夫です。
そして、打ち合わせや出勤時間を減らせることも魅力的です。

あと、田舎はつまらないです、と言いましたが、それは場所次第です。
面白い人が集まる場所もあるし、楽しいことも多いです。
少なくとも、今住んでいる金谷は面白くて楽しいです。

面白い人が雇えそう

最後に問題になるのが「人材採用」でした。
都内のほうが優秀な人材は豊富で、雇えないなら都内に行くしかありません。

ただ、都内に行っても優秀な人材が採用できるか、というと、変わらないかも、と思ったのです。

むしろ「絶対都内じゃないとやだ、地方とか意味分からない!」と言っている人は優秀じゃないな、と。
しっかりと考えた上で、都内を選んでいる人であればいいのですが、なんとなく地方は嫌、と考えている人に優秀さはあまり感じないのと、地方にメリットを感じる人を採用したいな、と思いました。

だって、地方なら六本木のでかいビルの1フロアを借りるお金で、自社オフィスを建てることも可能になるんですよ。
地方のほうが夢広がるし、面白いんじゃないかと思いました。

移転はしても地方都市が濃厚

ということで、田舎にもう少しいることを決めています。
ただずっと今の金谷にいるかというとそうではなく、地方都市への移転は検討中です。
福岡、宮崎、鎌倉とか面白そう。

社員1~3人であれば今のままでもいけるかもしれませんが、より増やそうと思ったときには、やはり都心に近付いたほうが有利なはずです。
あと、単純に交通の便は悪いので、もう少し地方寄りにするのはありかなと。

短期的な成長としては、人材豊富で顧客も多い東京を拠点にするのが一番ですが、なんだかつまらない。
そうやってみんなが都心集中していくなら、人が減って土地が有り余っている地方を活用してビジネスしたほうが面白そう。

ということで、仕事内容は都内にある仕事と変わりませんが、田舎で働きたい人を募集中です。
興味ある人はぜひご応募ください!
人材業界をもっとスマートに!メディア運用できるマーケター募集!(田舎で)

1 個のコメント