Macbook Air/Proの融合!「Thinkpad X1 Carbon」がおすすめ過ぎる

x1carbon

2年半ぶりにPCを買い換えました。
購入したのはlenovoの「Thinkpad X1 Carbon 2016(米沢モデル)」

買い換えたといっても今まで使っていたのは「Thinkpad X1 Carbon 2014」。
性能はぐんと上がりましたが、見た目やそこまで大差ありません、、笑。

連続で買い続けるほどお気に入りのThinkpad X1 Carbonシリーズなのですが、Macbookより良いですよ。

フリーランスやWEB界隈なかたにはMac信者が多い印象なので、Thinkpad X1信者を増やすべく、Macbook Air/Proと比較することで、その魅力を存分に伝えたいと思います。

Macbook Airより軽い。でも画面は大きい

x1carbon1

Thinkpad X1 Carbonなのですが、Macbook Airよりも軽いうえに画面が大きいのです。
「サイズ」「性能(CPU/メモリ/HDD)」「金額」をまとめたので、ひとまず見てみてください。

【Thinkpad X1 Carbon 2016】
14インチ / 1.18kg
2.3GHz / 8GB / 256GB:140,030円
2.5GHz / 8GB / 256GB:150,080円

【Macbook Air 2016】
13インチ / 1.35kg
1.6GHz / 8GB / 128GB:98,800円
1.6GHz / 8GB / 256GB:118,000円

【Macbook 2016】
12インチ / 0.92kg
1.1GHz / 8GB / 256GB:128,800円
1.2GHz / 8GB / 512GB:158,800円
 

昨年発売されたMacbookのほうが軽いですが、Macbook Airより軽く十分な軽さでしょう。

ただ注目すべきポイントが「画面サイズが14インチ(型)」とThinkpad X1 Carbonは大きいのです。
大きいうえに軽いのは魅力なんじゃないかと。14インチのPCでは最軽量だと思います。

個人的には、MacbookやMacbook Airだと画面サイズが小さく、作業しにくさはあるので14インチ程度のサイズは嬉しいです。
※画面サイズ/PCサイズが小さいほうがいい、という人は12インチ/0.92kgの新型Macbookのほうが相性良いですね。
 

軽さの秘密ですが、Carbonという名の通り、カーボンを使用していて軽いだけでなく堅固性もあります。
(過去に1m以上の高さから落としたり、300mlのお茶を思いっきりキーボードにかけても壊れませんでした・・!)

軽いけど大きい、そして頑丈。

これだけでもう十分に魅力に感じますが、「Macbook Airより値段は高いのか」と思った方へ。
忘れてはいけないのがThinkpad X1 Carbonの性能です。

Macbook Proより性能が良い。でも安い

x1carbon2

Macbook Airとの比較でも性能を紹介しましたが、Thinkpad X1 Carbonは性能もかなり高く、Macbook Proと変わりません。
ひとまず性能を比較してみたのでご覧ください。

【Thinkpad X1 Carbon 2016】
2.3GHz / 8GB / 256GB で140,030円(14インチ/1.18kg)
2.5GHz / 8GB / 256GB で150,080円(14インチ/1.18kg)

【Macbook Pro 2017】
2.0GHz / 8GB / 256GB で148,800円(13インチ/1.37kg)
2.9GHz / 8GB / 256GB で178,800円(13インチ/1.37kg)
2.6GHz / 16GB / 256GB で238,800円(15インチ/1.83kg)
 

PCの性能をどう判断すればいいか分からない人に簡単に伝えると、数字が大きいほうがスペックが高いです。
ということで比較を見て分かるように、Macbook Proより性能がいいですが安いです。

もう少し性能について詳しく知りたいかたに紹介!

Ghz(ギガヘルツ)は、 中央処理装置のCPUの性能を表す数値です。
このCPUの性能を決めるのが、Core i5やCore i7といったCPUの種類。
簡単に伝えると、Core i5よりCore i7のほうが良く、第6世代(6000シリーズ)など世代が上のほうが性能がいいです。Ghzが高いPCはCore i7を搭載している、と思ってもらえればOKです。

また、Macbook Proは「Turbo boost使用時最大3.1Ghz」などと公式サイトで記載があるのですが、CPUの性能を調整することができ、2Ghzの処理速度で足りるならそのまま、3.1Ghzの処理速度が必要なときにはCPUの性能を引き上げることができます。

ということで、最大性能という点ではMacbook Proのほうが上なのですが、CPUの性能を引き上げると消費電力や発熱が大きくなるため、適度なCPUであることも割と重要です。
※ドラゴンボールで例えるなら「界王拳10倍」みたいな感じですね。
 

性能に関してですが、Thinkpad X1 CarbonもMacbook ProもCPUやメモリなど変更できるので、上記より性能を上げることも可能です。
ただ普通のビジネスマンで重いソフトを使わないのであれば、2.0Ghz程度あれば十分なのかなと。もちろん性能がいいことに越したことはないですが、自分は2.3Ghzで不満を感じたことはありません。

Macbook Airより軽くてProより性能が良い「Thinkpad X1 Carbon」は超絶おすすめ!

ということで、Thinkpad X1 Carbon、本当におすすめです。

自分も昔はMac派だったので「Macいいよね」という気持ちはもちろん分かるのですが、、、
Thinkpad X1 Carbonのほうが軽くて性能が良くて且つ安い、と文句なし過ぎるのです。。

ただThinkpad X1 Carbonユーザーにあまり会わないので、もっと広まってほしい。

おすすめのThinkpad X1 Carbonの種類は?

x1carbon4

Thinkpad X1 Carbonですが、毎年新しいモデルが出ることが多く、今は「2016年モデル」と「2017年モデル」が購入できます。
結論を述べると「2016年モデルのほうがお得でコスパはいい」でしょう。

2017年モデルの特徴は、

  • 狭額フレームで、画面は14型サイズだけどPCサイズは13型でよりコンパクトに
  • LTEモジュール搭載でLTE対応
  • カラーがブラックだけでなくシルバーが追加

になります。

性能も上がっていますが、2017年2月発売で新作ということもあり、2016年モデルのほうがお得ですね。
また、2017年モデルは生産が追いついておらず到着が1ヶ月後になります。

参考までに、自分が買ったのは以下のモデル。

■Thinkpad X1 Carbon(2016年米沢モデル)
・CPU:2.30Ghz(Core i5-6200U)
・メモリ:8GB
・HDD:512GB(SSD)
・1年間引き取り修理付き

これで「133,930円(税抜)」でした。国産モデルっていうのも地味に嬉しい。

キャンペーンを上手く活用したので、上で紹介したモデルより性能が良くて安いです。
個人的には、結構お得だと思うのですが、どうですかね・・?

性能を上げたければ+1万円程度でCore i7にしてもいいですし、金額を抑えたければHDDを256GBにし2万円割引でもいいと思います。

Thinkpad X1 Carbonの買い方はlenovo公式サイトが一番お得!

x1carbon3

最後に、どう買うのがいいのか、という話になりますが、「lenovoの公式サイト」で買うのが一番安いです。
※thinkpadシリーズはlenovoが販売しています

今回の記事で紹介した金額は公式サイトが発行しているクーポン利用時の金額で、クーポンやキャンペーンによって金額は変動するのでご注意を。
逆に言うと、今回の金額よりキャンペーンで安くなっていることはあるので、もっとお得に購入できることもあります。

そして、PC到着まで1週間以上かかる場合もあるので、PC購入を検討している人は早めにチェックするとよいです!
 

Thinkpad X1 Carbonを使い始めると他のPCには戻れなくなるほど魅力的なのが唯一の弱点にはなるのですが、本当におすすめのPCなので、PC買い換えようかな、と思っている人はぜひチェックしてみてください!

特に「なんとなくMacお洒落だし快適」と思っている人たち、Thinkpad X1 Carbonのほうが快適で本当におすすめですよ!