業務効率化のために導入して良かったサービス「Misoca」「クラウドワークス」「MoneyForward」

最近はテーマに沿って3つ紹介する形式でブログを書いています。
『仕事での行動選択の軸は「やりたいか」「成長できるか」「稼げるか」』
『仕事が楽しくなる漫画「重版出来」「大東京トイボックス」「サラリーマン金太郎」』

今日は、業務効率化のためのサービスに関してです。
独立して1年半ほどになりますが、基本的に自分でやらなくてはいけないことが多いため、いろんな知識や雑学が身に付きます。
ということで、使い始めて良かったな、と思っているサービスを3つ紹介します。

クラウド請求書発行/送付サービス「Misoca」



Misocaはクラウド上で請求書や見積書を作成し、郵送までしてくれるサービスです。

請求書を発行するのは手間ではないのですが、郵送がとても苦手です。
自分で封筒に文字を書くのが嫌で、それだけで仕事のモチベーションが下がります。。

昔は初期費用/月額費用がかかったのですが、今は無料ですので郵送した分だけで済みます。
自分で郵送するよりも全然お得なんじゃないかと。

あと、請求書作成のテンプレートとしても活用できます。
自分の場合、フリーランスや学生に外注することもあり、請求書を送ってもらうのですが、請求書の作り方を知らない、どんな請求書がいいか分からない人もいます。
そういったときに、Misocaを紹介してしまいます。
消費税や源泉徴収税の設定も簡単できますし、わざわざ請求書をつくってもらう手間がないので、人に紹介するときにもおすすめです。

簡単な仕事を発注したいときには「クラウドワークス」

crowdworks2

説明は不要かもしれませんが、クラウドワークスは、ネット上で仕事を発注、受注することができるクラウドソーシングサービスです。

今は発注者として活用しているのですが、単発ですぐに対応してもらいたい案件を発注するときに使っています。
知り合いに頼むのもいいのですが、相手が時間あるかどうか分かりませんし、正直頼むの苦手なので、ある程度の距離感があるほうが頼みやすいです。
サイト制作やデザインの依頼をするには最適なのでぜひ。

入金確認もできる「MoneyForward」

moneyfor

MoneyForwardは自動で家計簿をつけてくれる会計ツールです。
日々使った支出を記入する家計簿としての機能も便利ですが、銀行との連携がなにより便利です。

自分の銀行口座と連携させることで、残高や入金状況が分かります。
入金があったかどうか、ちゃんと引き落とされたか、わざわざ銀行で確認する必要がありません。
もちろんネットから銀行のサイトに行ってチェックすることもできますが、いちいちログインするの手間ですし、MoneyForwardならアプリですぐに確認できます。

手元ですぐに銀行残高を知れるというだけで価値があるかと。
※通帳記帳やキャッシュカードを入れて残高を見る楽しみは少し減ります。

他にも仕事で使っている便利なツールはいくつかあるのですが、今回紹介した3つがずっと使い続けていて便利なサービスです。
法人、個人など関係なく活用できるツールだと思うので、ぜひ活用してみてください。