誰もがプロブロガーになれるわけではない

昔に比べて”ゆるい独立”をしたい人が増え、プロブロガーに興味がある人も増えている気がします。
ブロガー運営のオンラインサロンが増えてきて、そろそろオンラインサロンで稼ぐのも潮時なんじゃないかなと。

市場は大きくなるものの競合も多い

プロブロガー界隈の市場は大きくなるので、プロブロガーになれる人の総数は増えますし、決してプロブロガーになれないとかではありません。
プロブロガーの定義をブログ中心で稼ぐ人とした場合、稼ぐ手段としてメジャーなのはAdsenseなどのバナー広告とアフィリエイトだと思いますが、それらの元となるPVや広告商材に限りがある以上、なりたい人全員がプロブロガーになれることはありません。

(再度伝えますが、全員は無理ですがなれる人ももちろんいます。加えて、フリーランスとプロブロガーは違うため、フリーランスは上の話に含んでいません)

特に、転職関連のアフィリエイトは、アフィリエイト専門でやっている人たちも十分にいて競合は大分多いです。
とにかくPV稼ぐのも、今度はキュレーション系メディアを始めとして世の中が記事を大量生産しているので、そのあたりも中々手が出しにくいんじゃないかと。

プロブロガーとして独立するとしたら、今いるプロブロガーに負けないほどの個性やインパクトが必要になるんじゃないかと思います。
逆にそれだけの個性があると、稼ぐ手段は色々あるので大分スムーズにいくかと。
プロブロガーではないですが”個性”という点では“暇女さん”“かっぴーさん”はすごく参考になるんじゃないかと。

なんだか悲観的な話をしましたが、ブログで稼げないわけではありません。
月収100万円のプロブロガーへの道のりは大変ですが、「ブログで月10万円稼ぐ」「ブログ以外で独立する」ことであればハードルはぐんと下がります。

アウトプットの一環でブログ運営をする

毎日がっつりブログを書くのではなく、自分の経験のアウトプット、単純なブログとして書いてもいいと思います。
例えば、最新のWEBメディアの動向に興味があればそういったことを調べてアウトプットしていければ、自分自身のスキルアップにもなり、WEBメディアに強い人材として仕事依頼など声をかけられるかもしれません。

あとは、単純に自分に起きた経験を書くだけでも稼ぐことはできますし、そのほうが費用対効果は意外といいです。
具体的には以下の記事など。

『クレジットカードの利用限度額が越えてしまったときの対処法』
『知識0から2週間で簿記2級に合格できるようになるための勉強法』

どちらも30分程度でさくっと書いた記事ですが、安定して収益を発生してくれています。
本数少ないながらも収益性高めな記事を書くのもひとつの手段です。

フリーランスや兼業ブロガーを目指す

プロブロガーではなくフリーランスとしてWEBデザイナーやエンジニアで独立するとなると需要は多くあり、独立して成功できる可能性は上がると思います。
努力や工夫次第ですが、ある程度のPVになればAdsenseなどのバナー広告だけで数万円になることもあるでしょうし、本業で学んだことのアウトプットができてちょうど良いはず。

プロブロガーではなくてデザイナーやエンジニアで独立でもいい、と感じている場合には、そういった別の道も視野に入れるといいです。

ということで、2月から実施予定の「まるも田舎フリーランス養成講座」ではブログ運営術も教えますが、安定して収益を生むポートフォリオの組み方やどんな稼ぎ方がいいか、など教えていければと思っています。
2月,3月はもう満員ですが、夏に第2期をやる予定ですので、もし興味あるかたは事前に申込してもらえたら優先的に案内しますので、よろしければご連絡ください。