自給経済コミュニティをつくります

selves

もうすぐ2016年も終わりになりますね。
2016年はまるもが1周年となったり、田舎フリーランス養成講座を始めるなど、新しい取り組みを比較的行ってきました。
『【運営報告】まるもがオープンして1年となりました!』
『田舎フリーランス養成講座』

これらの活動も続けていきますが、2017年に向けてタイトルのようなことを考えています。
 

タイトルの通り、自給経済コミュニティを作っていきたいと思っています。
自給経済コミュニティって具体的に何を目指していくんだ、ということを資料や記事にまとめたので、ぜひぜひお読みください。

情報をまとめた資料はこちら。

 

テキストで記事で読みたいというかたはこのままどうぞ。

自給自足ができると安心して暮らせる

まずはじめに、独立して生活していて感じたことのひとつが「自分の力でなにか成し遂げることができると安心できる」ことでした。

・ただの外注ではなく、自分のアイデアや力で仕事を生み出し獲得できた
・(ほんの少しだけど)米作りに携わって、自分で食物を作れる実感が湧いた

些細ではあるんですが、自分自身の力でできて、いざとなったら自分でなんとかできるぞ、と思えて安心したんです。
 

いくら貯金があったとしても、自ら生み出す力がないと安心できなくて、この話をまとめると「自給自足ができると安心して暮らせる」ということを思うようになりました。

現代にあった自給自足として「仕事」「教育」「住宅」を深める

ただ自給自足と言っても、自分で農作物を作るわけではありません。
農業で行うのもひとつの自給自足ですが、農業するよりもバイトして食料を買ったほうが安く、収入は増えないので現実的ではないなと。

そこで、現代にあったジャンルとして「仕事」「教育」「住宅」を最初のカテゴリーとして選びました。

会社に依存せず仕事ができる

会社に属さないと稼げない、とリストラにあったら路頭に迷いますし、いざとなったら自分自身で稼げることができれば会社に依存することなく仕事ができます。

田舎フリーランス養成講座という形で今も実践していますが、独立するにせよそのまま会社で働くにせよ、会社に依存せずに稼げることは心の安定を生むんじゃないか、と思っています。
 

来年は、週末フリーランス養成講座やジャンル特化型の講座を増やし、今でも稼げている人はいるものの今より一歩先の成長までサポートしていこうと思っています。

学費負担を減らし教育機会を増やす

子どもができて大学生まで進学した場合、教育費は3,000万円近くと人生のなかでも一番の出費になります。
収入が少ない状態で子どもができたとしたら、プレッシャーは大きいはず。
「教育」を自給自足することで、教育費の負担が減るのであれば子育てをより安心してできるのではないか、と思っています。

そして、田舎にいて感じるのは学習やスポーツで学べる種類/種目が少なく、もしそのスポーツを早くからやっていたらプロになっていたかもしれない、と思うと教育機会がしっかりあるのは大事だな、と思って、地方でも教育機会が恵まれる状態がいいなと思いました。

そして、地方のほうが土地自体は広いので、運営コストや土地代を抑えて工夫してなにかできそうだなと。
ということで、大きな土地を使ってスポーツ大会とか企画したいです。

住宅コストを抑え、家賃負担を減らす

最後に、人生で一番出費が多いのが家賃。家を建てればよりお金がかかります。この「住宅」の問題も自給自足することで解決できないか、と考えています。
 

ログハウスビルダー養成講座とか来年はやってみたいです。
広めの土地を新たに獲得していこうと思うので、自分たちで家をたくさん作ります。

「将来が不安」と感じず、やりたいことにまっすぐ進める社会

自給自足スキルを高めたらどうなるか。
今思い描いているのは、将来が不安と感じず、やりたいことにまっすぐ進める社会です。

就職せずに、やりたいことやって生きるなんて不安だし、そんなこと普通できません。ただ就職しなくても多少稼げる力があれば、焦って就職する必要はありません。

子どもが生まれたら学費で数千万円かかるなんて、会社を辞めてやりたいことに挑戦するなんてできないはず。
 

今の若者って、若者に限らず、将来大丈夫かな、と不安を抱えて、安定を求めて生きている節はあるんじゃないかと思っています。
将来に控えた負担の大きさを考えればそういった行動をとってもおかしくない。

ただ、それが自給自足をすることでその負担が減って、まずはやりたいことでもやるか、と思えたら、いきいきした楽しい人がもっと増えていくと思うのです。

2017年のスケジュールはこちら

1月:”週末フリーランス養成講座”を毎月開催 / “まるもワークス”をオープンに公開
2月:”田舎フリーランス養成講座”の開催 / “ハウスDIY講座”を定期開催
3月:”田舎フリーランス養成講座”の開催
4月:まるもワークスで流通総額100万円 / “スポーツクラブ”をつくる
5月:”田舎フリーランス養成講座”の開催 / 公文式と仲良くなる
6月:“ログハウスビルダー養成講座(プレ)”の開催
7月:“スポーツ大会”を開催する
8月:”田舎フリーランス養成講座”の開催 / 新拠点のリリース
9月:”田舎フリーランス養成講座”の開催 / “ログハウスビルダー養成講座(9~3月)”の開催
10月:”放課後教室”を開催する
11月:”田舎フリーランス養成講座”の開催
12月:“スポーツ大会”を開催する

とってもざっくりですが、こんなスケジュール感でやっていきたいです。
(詳しくは記事上部の資料を読むとよく分かります)

先が見えない若者や人生楽しくない人に集まってほしい

自給経済コミュニティは、自給自足スキルを育成する場でもあり、それらを実践しあう場にもしていきたいのですが、まずは、自給自足スキルを高めていきたい人に集まってもらいたいなと思っています。

そのなかでも、将来が不安で先が見えない若者や人生を楽しめていない人に集まってほしい。

仕事でしっかり成果を出せている人や、日々の生活に満足している人は、自分自身で幸せになれます。
だから、そのまま進んでいって、より幸せな人生を送ってもらえればいい。

ただ、どうしようと悩んでいる人が自分だけでは解決できなくて立ち止まっているのであれば、そういった人たちにこそサポートする環境は必要で、そういった人たちの力になりたいです。
 

だから、仕事がブラックでうつになりそうな人とか、人生楽しくなくて自殺を考えた人とか、人生って楽しくて、こんな幸せがもっと続くといいなと思える”環境”で、自給自足スキルが高くなる”機会”を用意していきます。

まずは騙されたと思って、足を運んできてください。
 

より具体的にどういったことを今後何をしていくか、は徐々に情報を出していければと思っています。
ひとまず仕事の自給自足をしていきたいかたは「田舎フリーランス養成講座」へどうぞ!

1 個のコメント