【随時更新】地域活性/地域ビジネス関連で読んで良かったおすすめ書籍まとめ

region

地域活性や地域ビジネス関連の書籍で読んでよかったおすすめの書籍をまとめています。

地域活性の内情や成り立ちまで深く語られている書籍だからこそ得られる学びも多いです。
足を運んで地域を知ることもいいですが、全国をずっと回れるわけではないので、書籍で知恵が共有されるのは有難いですね。

随時更新していく予定で、まだ情報少なめなのでご了承を。

新しい農業の風はモクモクからやって来る

伊賀にある「伊賀の里モクモク手づくりファーム」の立ち上げやら運営がまとまった書籍です。
通称モクモクは六次産業を早い時期から実践していて、農業や畜産の体験プログラムを始めたことで特に有名になったり。
都内にもモクモクのアンテナショップがあり、もしかしたら見かけている人もいるのかも。

はじめはハムやソーセージを作ることから始め、質の高いブランドへと育て上げ、それらを自分たちで販売までする。
その後はそれらを作る過程を体験プログラムとして提供し、作物の種類も増やして、レストランや宿泊施設も併設させて、ファン向けに会員制度を用意してコミュニティをつくり、、、

といったことをどんな形で進めていったのか、が分かる一冊です。

地方でも良いコンテンツを作れば人が集まる、ことを実践していて、0からここまでの規模まで作り上げる過程を見れるのも面白く、地方で農業やりたい、農業に留まらず事業を広げていきたい、という人に読んでもらいたいです。

※ただ知名度がないのか新品の取り扱いがなく、Amazonには中古しかないです

地域×クリエイティブ×仕事:淡路島発ローカルをデザインする

淡路で地域活性関連の事業を行っていた「淡路島はたらくカタチ研究島」の立ち上げや運営にまつわる書籍です。
(こういった自伝っぽい書籍、好きなんです)

淡路島に行った際に話を聞いたり、当時の資料など見たのですが、こんな規模感でプロジェクトを進めていけると面白いなと感じて、すごくワクワクさせられました。
地域のブランドづくりや移住促進に繋がるプログラム設計など本当にプロの仕事と感じられる質の高さです。

というのが、この書籍でスパッと伝わるかというと、現地を見て、活動詳細を知ってみないと伝わり切らないこともあるのですが、その活動の一片でもこの書籍を通じて感じてもらえるといいんじゃないかと。

※事業年度が決まっていた事業で、今は「ハタラボ島」に活動の一部が引き継がれています

D&DEPARTMENT に学んだ、人が集まる「伝える店」のつくり方 学びながら買い、学びながら食べる店

「D&Department」を説明するのすごく難しいのですが、ロングライフデザインをテーマに各地の魅力ある商品をピックアップして販売しているショップです。
その土地に根付いた形で店舗展開していたり、雑貨だけでなく飲食店もやっているのですが、地域性を活かすのが上手で、そういったスタイルがどうやって生まれたのか、が分かる一冊になっています。

「学びながら買い、学びながら食べる」という言葉の通り、ただ消費するだけではなくより価値あるものを手にしたい、という価値観を持つ人との相性はすごくいいんじゃないかと思います。

ソトコト

書籍ではなくて雑誌ですが、地方のことを知るならソトコトが一番です。
移住や暮らしにまつわるネタから、地域活性に関する話まで幅広く深く取り扱っています。

雑誌で今の情報が手に入るのも魅力で、知り合いの活動が取り上げられているのを見るのが楽しいです。

 

他にも読んで良かった書籍があれば随時追加していきます。