フリーランスって正直結構しんどいんだけど、実際どうなの。

drink

今日はなぜだかイケダハヤトさんMay_Romaさんと、
ソーシャル上でとても影響力のあるかたにブログを紹介してもらいブログのアクセスがとんでもなく上がりました。
(プロフィールとかちゃんと書いておけばよかった←)

ikedhayato mayRoma

正直、そんなに大したことをしていないので恐縮なのですが、
確かにフリーランスとか田舎暮らしって珍しいよな、、、と思い、
自分の近況とかフリーランスの現状をさらけ出していくことにしました。

ということで、最近強く感じるのが、フリーランスって結構しんどい・・・!

いや、別に元々楽だと思っていたわけでもなく、大変なのは知っていましたが、
思ったよりも早く天井が見えつつあり、今まで成果を出しているかたを尊敬します・・・。

ということで、フリーランスって結構しんどいなーーって感じたことをいくつか紹介します。

大変な案件につかまると前に進まない

もちろん自分の力不足が原因なのですが、大変な案件を請け負うと仕事が進まなくなります。
会社やチームであれば、1人が行き詰っていても、ほかのメンバーは通常通り動けますが、
1人だとなにかあったときに完全に行き詰ります。

もちろん自分のレベルに合わないときは請け負わないのが一番安全なのですが、
サイト制作などでは些細な仕様でも相当な時間がかかってしまうことがあるので。
(それも自分のスキルアップに繋がっているのでクライアントのかたは全然気にしないでください)

また、大変な案件でなくとも、仕事量が増えたり急な対応などがあると、
その仕事や案件に追われるため、ほかの仕事が手に付かなくなってしまいます。

自分の場合、ブログの更新が止まっているときが大抵そんなときです。。

仕事量のバランスや契約前の要件定義などをしっかりとやっておくことが本当に大事ですね!

自由とはかけ離れていて休日はない

クライアントに働き方をあわせてしまうと、平日しか働かない企業もあれば、
土日も働くベンチャーや土日出勤平日休みの企業もあるわけで、フルに働くことになります。

また、依頼があればすぐに対応する必要があったり、
自分の仕事を他人に任せることができないため、常に動いていないといけません。

個人的には、たくさん働きたいし、それが苦ではないので全く問題ないのですが、
案件や状況次第では大変な思いをしているフリーランスもいそうだなーーーと思います・・・。

収入に限界がある

自分が動くことでしか稼げないスタイルだと結構限界があります。

1日15時間働いたとして時給3000円だとしても【135万円】

もちろん、このなかに打ち合わせや移動時間も含まれて、
請求書の発行や事務作業もしなくてはいけないので、この数字はなかなか厳しいです。

つまり、自分が動かなくてもいい形で収益を出す必要があるのですが、
それが個人の場合だと結構大変ですし、すぐに収益にならないので時間をかける必要もあり。。

稼ぐことと成長のバランス

上で言ったことに関わるのですが、
稼ぐためには時間や自分のスキルをぱぱっとパッケージにして売るのがいいですが、
そればかりしてしまうとスキルアップにならず。

自分が成長しなくなるとスキルを持った若い世代に負けてしまうし、
将来的に体力は衰えて労働時間は減るわけで、労働力で勝負するのは難しいので、
やはりある程度のスキルアップは常に必要だなと思うわけで。

このバランスがとても難しいなぁ、、と思います。

ということで、フリーランスって結構大変だなーっと実感している今日この頃でした。

フリーランスに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。