「1日10時間気持ち良く働く」理想的な仕事環境とその1日の流れ

new_lifestyle

独立してからの習慣で、一人でも日報を書く習慣があり、その日の仕事内容や労働時間をメモしています。
そのため感覚的だけでなく、数字的にもどんな日が集中できて、仕事に取り組めているか、が分かるのですが、これがベストかも、と思える1日が決まってきたので、まとめておこうと思います。

23時:就寝

しっかり起床するには睡眠が大事です。
起床をベースに考えるのではなく就寝ベースで考えるの大事だなと思っています。
ということで、あえて頭に書きましたが、23時に寝て7時間しっかりと寝ます。

6時:起床

布団でぐだぐだしつつ、起きてもややのんびりして、身支度整えて、仕事場へ。
徒歩で5分程度なので、7時前には到着。

7時:仕事スタート

朝は人もいなくて、メールも来ないので集中できる絶好の時間。
9時までは集中してやりたいことをやります。
やる気があればクリエイティブなことや頭を使うことをやり、やる気が出ないときには作業的なことをやり、急ぎの案件があればそれらに集中して取り組むのがちょうどいいです。

9時:朝食&打ち合わせ

朝ごはんを食べながら、打ち合わせや話すことなどあれば雑談ベースで話しつつ、情報交換などします。
がっつり打ち合わせするのは別時間で、あくまで口頭で軽く共有する程度がちょうどいいのかなと。

9時半:仕事再開@集中部屋/スマホなし

最近、人の出入りや周りに人がいない部屋をメインに使っています。
とても静かで、太陽の光が暖かくて、とても良いです。
スマホがあるとたまに手に取り、仕事の手が止まってしまうので、スマホは別の部屋に放置。

※コワーキングスペースのBGMを流すために端末が必要で、自分のスマホを使わざるを得なかったのですが、結果的に結構良いので、スマホは仕事中は手放すことにしました。

13時:お昼は軽食&打ち合わせタイム

お昼をがっつり食べると眠くなるのと、集中力が途切れるのでお昼はパン1つとかバナナ1つなど軽めで済まします。
休み過ぎると集中力が切れるのであまり休まず、そのまま打ち合わせタイムに。

疲れていても話が進みにくいので、やる気がまだあり、タスクが残っている午後の頭が意外といいのかもしれません。

15時:仕事再開

打ち合わせでやる気とタスクを手に入れて、仕事を再開。
段々と集中力が切れ、別のことをやりがちになるので、適度に休憩を挟むか、考えずにさくっとできることをやるなど工夫が必要な時間帯。

18時:メール対応など雑務タイム

仕事終わりまであと少し、その後にネット環境がなくても困らないように、やるべきことを一気に終わらせます。
やる気や集中力は低下しているので、焦りや危機感などのプレッシャーで最後もうひと押し頑張ります。

19時半:お風呂&食事

お風呂は先に入ると結構良いです。正直入るのが手間になって寝るのが遅くなることもあるので、ぱぱっと先に入ったほうがすっきりします。

20時半:最後の一仕事(ネット環境なし)

ご飯を食べてのんびりした後には、最後やりたいことを一仕事。
ただネット環境なしでできる仕事を楽しくやるのがいいです。
また、仕事ではなくプライベートなことや、個人的にやりたいことなど、あくまでやりたいことをやる時間にするといいと思います。
(自分の場合は、やりたいこと=仕事に繋がることが多いので、仕事になりがちですが)

そして、ネットに繋げるとだらだらやってしまったり、別のことで時間を使ってしまうので、ネット環境なしがいいです。
そういった状況なので、夕方には大分集中してネット環境があるうちにメッセ対応などやらざるを得なくなります。

22時半:のんびり気分転換

寝る前の最後の30分間はPCも閉じて、別のことをするといいと思います。
明日の準備、プライベートなこと、読書、雑談など、仕事の頭も一回リセットしてすっきりさせます。

23時:就寝

冒頭で書いた通り、23時に就寝。
睡眠時間が若干多い気もしますが、睡眠時間が短くて長時間だらだらする時間が多くなるよりも、集中する時間の割合が多くなる方が気持ち良く仕事ができて、健康的な気がします。

こういったスタイルで仕事をすると、自分自身は1日10時間ほど気持ち良く仕事ができます。
個人的にいつも目標にしているのが、10時間しっかり仕事に取り組むことです。
ただ机の前にいるのではなく、ある程度の集中をしたうえでの10時間。

これが中々難しく、休憩し過ぎや他のことをしていて、10時間達成できないことが昔は少なくありませんでした。
たとえ10時間超えていても、夜も仕事をしているなど、そもそも仕事時間が長いことも多かったです。

もちろん10時間以上働く選択肢もありますが、仕事とプライベートの差はあまりなく、そもそも仕事以外から得られる幸せや学びも大きいので、10時間のなかでいかに働くか、という形でなるべく考えたいと思います。

長くなりましたが、個人的にベストな仕事環境とその1日の流れでした!