なんでもいいけど頑張っている奴はなんだかんだ格好いい。

ウォーターボーイズ2 DVD-BOX

一番好きなドラマといったら「ウォーターボーイズ」です。
映画よりも2作目のドラマよりも、山田孝之主演の「ウォーターボーイズ」が一番好きだった。

夢とかやりたいことに向かって突っ走るエネルギーってとても大きくて、
頑張っている姿は輝いてみえるし、なんだかんだで格好いいと思うんですよね。

別にやりたいことなんてなんでもいい。

自分のために頑張ってもいいし、好きな人のために頑張ってもいい。

世界を変えるくらいの気持ちで挑む人もいれば、自分が好きな地元を盛り上げるために頑張る人もいる。

男のシンクロが輝いて見えるくらいだからね、
みんながやりたいことも本気で挑戦すれば、十分に輝いて見えるはず。

最近ちょっと思うのは「夢は人から与えられるモノ」ということです。

プロのサッカー選手が格好いいプレーをするから、子供たちがプロを目指すわけで、
テレビで活躍するアイドルをみて芸能界を目指す人もいて、
世界をより良く変えていっている人たちがいるから、そういった人たちを目指したり。

そういった未来や社会があるからこそ、夢が生まれるわけで、
社会にある輝きから夢が生まれてくると思うんです。

だからこそ、もっと輝いてたくさんの夢をばらまきたいですね。

もっと自分がやりたいこと、世界中にたくさんばらまいておこう笑。




RSSリーダーで購読する