イケダハヤトさんのスゴいところ。

最近は某所で激しい?戦いが起きているようなので、
あえてちょっと違った形で飛び込んでみようと思います・・・笑。

イケダハヤト師型炎上をどう表現するべきか?|やまもといちろうBLOG

「人を笑い者にする」天才、やまもといちろう氏|ihayato.書店

批判するのは簡単だからこそ、あえてスゴいところを挙げてみました。

他人の気持ちが分かっている

イケダハヤトさんはしっかりと相手の気持ちを理解していると思っています。
炎上が起きることを分かってブログを書いているだろうし、
炎上させるためにはどうすればいいのか、ちゃんと理解していると思います。

元々、炎上って自分から引き起こすものではないと思うし、
不祥事ではないようなごく普通の記事で炎上できるのだからやっぱりすごいと思います。
最近は本人ではなく、別のブロガーが勝手に炎上させている感もありますが。

(ただ、正直その炎上って少し迷惑だけど、ブログ運営の観点から見ると、
被リンクもたくさん生まれて、リーチ数も上がるからいいなーとも思うんですけど。)

「他人の気持ちが分かる」なんてごく普通な言葉ですけど、
このスキルを究極的に高めることができれば「相手の心が読める」んですから最強だと思います。
PRなどでターゲットを外すことはないし、これから社会で求められるニーズも分かる。
ブログ運営でいうと、今後検索が増えるトレンドを当てることができる。

誰もが持っているようなスキルに見えて、意外とみんな持っていないんですよね。

マイナスをプラスに変換できる

正直、炎上したり変なリプライが来たり、自分に有害と言われる「マイナス要因」を、
「自分のプラス要因」に変えられることは強いなーと感じています。

「失敗は成功のもと」と同じような感覚で、
自分にとって不利益なモノを有益に変えることができたとき、全てのことがプラスになります。

個人的に、社会人が仕事をしていくにあたって、
プラス要因を伸びないというより、足を引っ張っているマイナス要因のほうが大きいと思っています。
余計なところで労力を奪われてしまうのが今の社会の1つなのかなと思うので、
それをある意味気にしない(気にしないで済むような環境や精神づくり)ができているのは、
とてもすごいところだと思います。

フリーランスって自分に厳しくしてくれる人がいないので、
ちゃんと自律できる人である必要があるし、フリーランスに向いているかただと思いました。

スキルのバランスがいい

ブログを書くだけではなく、他のスキルや属性があるのは強いと思っています。

・ソーシャルメディア
・NPO

に強いと言ったら、イケダハヤトさんが出てくる人は多いはず。

実際にコンサルでどの程度の成果を出しているのかは分からないのですが、
それは前職であったり、昔コンサルしていた企業の伸び具合から、
コンサルでのスキルや実績は十分に高いのかなと思っています。

ソーシャルメディアだけでなく、WEBマーケティングなどにも精通していると思うので、
たとえ世間がイケダハヤトさんのことを全く取り上げなくなったとしても問題ないはず。

あえて言うとしたら・・・

個人的には、「あまり育休せずに頑張って働いてほしい」と思っています笑。
もちろん個人の生き方次第なので、ただの願望ですが。

能力がある人間が頑張ることでより社会が良くなるはずだし、
会社にして大きくしたり、部下をつけることでより優秀な人材を生み出せます。

今の売上や環境に満足せずに、より高みを目指してもらいたいです。
別に売上を上げないとするのであれば、より楽で簡単に収入をつくる方法を探るとか。
(むしろ仕事が余っているのであれば、マージン10%とって自分に紹介してほしいです・・・笑)

紹介料取るのが若干気になるのであれば、
指導料といった形にして任せた仕事を完全にできるようにサポートするのも面白そうだなと思います。

イケダハヤトさんにブログを取り上げてもらったので、
感謝の意味も込めて、ブログを書いてみました。

これからも自分勝手に他己分析をしていこうと思います。
(自分勝手なので多少見解が違っていたとしてもご了承を。。)