蜂退治を依頼したというお話

1,2ヶ月ほど前から家で蜂が出るようになって、
はじめはびっくりしていたものの、慣れは恐いもので、
蜂が1匹飛んでいるくらいでは大して動じなくなったのですが、
近所のかたから蜂の巣がありそうな位置を教えてもらい、蜂退治を依頼することにしました。

ひと夏の蜂とのお話。

蜂は窓を閉めていても知らぬ間に部屋に入ってくるので、
どこから入ってくるのか、どこに巣があるのかも分からず、
対処ができずまま時間が過ぎていったのですが、上で述べたように、
蜂の巣が家の屋根付近にありそう、と教えてもらい、
家の周りにも蜂が頻繁に飛んでいたこともあって、蜂退治の業者に依頼をしました。

(いや、正直、蜂退治の話は結構どうでもいいので、軽く読み流してください)

結果的に、蜂の巣は天井裏にあるとのことで、
退治もしっかりと行うとしたら、元々の予算の数倍になってしまい、
(通常の退治でも2万円以上はかかるようです)
予算内でできることをしてもらう形にしたんですね。

内容としては、巣を駆除することは難しいため、
天井裏の蜂を閉じ込めて殺虫剤で退治したうえで、蜂が出入りしている穴をふさぐ、
といった形をとったのです。

1時間程度で終わるような話だったのが、4時間近い作業になって、
結構大変な作業だったのは、傍から見ただけの自分でも分かったのですが、
本題はここからです。

一通りの作業を終えて、

「正直、今回は赤字ですねーー、、!」

なんてことを話しながら、作業報告を受けていたのです。

その言葉通り、元々の予算である2万5000円としてくれたのですが、
これだけ頑張って赤字なのか、、と。

通常より殺虫剤のスプレーを3倍ほど使って退治してくれて、
作業時間も予定よりも2倍以上かかり、
防護服を着て作業するのでかなり暑くて、汗もびっしょり。

それだけ頑張っても利益が生まれないことになんだか驚きを感じたのです。

自分の場合は、PCとネット環境さえあれば仕事はできて、
経費や支出は場所代などを除けば、かかることはありません。
もちろん、予想以上に時間がかかってしまい、
時給換算したら時給100円以下になるような仕事はあったとしても、
赤字になってお金が減ってしまうことは少なくともないです。

蜂退治の業者のかたはスプレーを多く使っていたので、
物品の面から赤字になっている可能性は高く、
赤字になって対応しても感謝はされても、リピーターになることはありません。
蜂退治なので何度も頼むこともなさそうですし、
口コミで仕事が増えるようなこともないと思うので。

ここまで書いておいて話にオチはないので、どうしようかと思うのですが、
どうしようもないので、終わりにしたいと思います。

何が言いたかったかというと、
どんなに人助けをしてもお金にならないこともあるし、
簡単な仕事で世のためにならないことでもお金になることはあって、
そもそもお金っていう価値基準だけで考えることに限界があって、
じゃあ、なにがあるんだろう、、、

となっているのが今。