海外版Goosehouse?!洋楽カバーアーティストのAlex Gootが世界で大人気!

最近はfreebit mobikeのCMにも出演していて人気のGoosehouseですが、
海外でもカバーアーティストは人気なようですね!

とりあえず一曲聴きながら、記事を読んでみてください。

“22” – Taylor Swift (Alex Goot + Friends COVER)

Alex Gootとは?

2010年からYouTubeに動画をアップロードを始めて、
今ではYouTube内でチャンネル登録数もTOP100以内に入るようです。
めっちゃ有名・・・!

YouTube「gootmusic」

Goousehouseは複数人でUstreamを上手く活用していますが、
基本的にはAlex Gootが1人でカバーして歌うのが基本のようです。

あと、動画は結構作り込んでいて、クオリティーは結構高いです。

カバーしている曲は普段洋楽を聞かない人でも分かるくらい、
有名な曲が多めなので、聞いていても楽しいかも。
邦楽だと集中できない人にはおすすめ!

とりあえず聴けば魅力が伝わると思うので、おすすめのPVを紹介しておきますね!

“Payphone” – Maroon 5 (Alex Goot feat. Eppic)

出だしが最高・・・!

“We Found Love” – Rihanna ft. Calvin Harris (Cover by Alex Goot)

ピアノからドラムまでなんでもできるみたいです。

“Roar” – Katy Perry (Alex Goot + Sam Tsui COVER)

この雰囲気は若干Goosehouseっぽさあるかも・・・?

“What Makes You Beautiful” – One Direction (Alex Goot etc…

チームを組んで歌うことも。

“Call Me Maybe” – Carly Rae Jepsen (Alex Goot etc…

余興?みたいなこともたまにやったり。

当分、ハマって聴いていそうです。

もしおすすめのアーティストがいれば、ぜひぜひ教えてくれると嬉しいです!