50歳までの25年間をどう過ごしたいか毎年ごとに考えてみる

ふと、自分がやりたいことを死ぬまでにどれくらいできるんだろうか、
と思うことがあり、考えてみました。

やりたいことを全てやるのは不可能なくらい、やりたいことはたくさんあって、
真面目にしっかりと伝えると、
「新しいセカイとの架け橋づくり」みたいなことが中心にあって、
人々が知らない文化やサービスをもっと広めていきたい、伝えたい、と思っています。

ただ、くだらないことを書けば、マンガ家にもなってみたいし、
野球の球団もつくってみたいし、サッカーの監督にもなってみたい。

もちろん、やりたい想いの大小はあるので、おのずと優先順位をつけて、
自分がやりたいことをやっていくと思うのですが、果たしてどの程度できるのだろうか、
と思って、50歳までの25年間を毎年どう過ごせばいいか考えてみました。
(今は24歳で、来年2月に25歳になります)

20代後半

25歳:地ビールの事業を本格的にスタート
26歳:地ビールの事業を拡大させる(大きめなフェスやる)
27歳:自分でフルーツビールをつくる
28歳:自社のビールを全国展開
29歳:店舗を持ってビールの販売を行う
30歳:ビール業界5位の会社にする

会った人にはたまに言ってるのですが、
地ビール(クラフトビール)をもっと広めようと思い動いています。
どんな形になろうとも、5年間はやれるだけのことをやろうと準備中です。

ここまではなんとなくイメージしていたのだけど、
やりたいことはたくさんあっても、いつやろうなんてイメージはなく、
今まさに考えながら書いていて、どうなるか楽しみ。

30代

31歳:とりあえず世界一周
32歳:M&Aなどで会社を大きくし事業を増やす
33歳:テーマパークをつくる構想を立てる
34歳:土地探しに奔走する
35歳:なんとなく地方都市に行く気がする
36歳:資金調達がんばる
37歳:仕事が一番楽しい時期
38歳:テーマパークかなにかが出来上がる
39歳:まだまだ忙しい時期
40歳:落ち着いて一休みしている頃

「テーマパーク」みたいなものを作りたいと思っています。
みたいなものと言ったのは、ショッピングモールかもしれないし、
遊園地かもしれないし、少し大きめなスーパーになるかもしれないし、
今は本当にただの思い付きのようなものでしかないけど、
自分がそのときに作ることができる一番のモノをつくると思います。

なぜテーマパークなのかは、そのうちブログに書くかもしれません。

40代

41歳:趣味をつくり家庭を大事にする
42歳:投資家みたいな仕事をする
43歳:ファーストクラスで世界一周
44歳:海外に日本食屋をつくる計画を始める
45歳:海外生活をする
46歳:飲食店の店長になる
47歳:海外の日本食屋の店舗を拡大する
48歳:店舗数を100店舗まで増やす
49歳:近隣諸国へと店舗を拡大させる
50歳:全大陸に店舗を拡大させる

元々「海外に日本の食文化を広める」ことをしたかったので、
どんな食事がいいだろうと調査するために、3年前に世界一周していました。
結果的に、「まずは世界の面白い文化を日本に伝えよう」と思い、
海外雑貨のネット販売から始まり、国際フェス世界市の立上げ/運営へと繋がっていったのです。

40代後半は明らかにおかしいスピードになっているのですが、
なんとなくの妄想で書いているので、気にしないでください。

意外とやりたいことたくさんできるかも

上で書いたように上手くいくなんてことはないだろうし、
絶対にもっと時間かかるので、猛スピードでやっても10年くらいは多くかかると思います。

それでも、やりたいことがたくさんできるのかな、
なんて思ってしまいました。

もちろんただの妄想で、突っ込みを入れるレベルですらない計画ですが、
このくらいのスピード感で人生やっていけたら楽しそうだなーと。

ただ、マンガ家になるのは厳しそう。
(せめて編集者か流通といった形でマンガに関わりたい・・・)

これから先の25年間を実際に書き出してみて結構楽しかったので、
人生設計や今後の人生について考えている人にはやってみることをおすすめします。

個人的には「人生でやりたい100のリスト」に匹敵するほど楽しかったです。

4 件のコメント