主要25枚の法人クレジットカード比較!法人クレジットカードのおすすめ4選!

おすすめの法人クレジットカード

株式会社Ponnufを設立して早4年目。
経営者、フリーランスや個人事業主のみなさん、法人クレジットカードを持っていますか?

法人クレジットカードは数多くあり、どのクレジットカードの還元率が一番お得なのか/年会費含めお得なのか、分かりにくいですよね。
今回、法人クレジットカードを作るにあたって、「どのクレジットカードが一番お得か」徹底的に調査しました!

法人クレジットカードじゃなくて個人名義のクレジットカードでいいのでは、と思っている方。
個人名義のクレジットカードは事業目的で使用することは規約上NGなので、クレジットカードを止められても文句は言えません。
※株式会社など法人はもちろんのこと、フリーランスなど個人事業主も同様です
 

主要25枚のクレジットカードを比較し、おすすめの法人クレジットカードを4つに厳選しました。
法人クレジットカードを作ろうと検討中のかたは、ぜひ参考にどうぞ!

主要25枚の法人クレジットカードを比較しました

creditcard

今回、比較した法人クレジットカードは以下の通り。

  • JCB法人カード(一般・ゴールド)
  • JCBビジネスプラス法人カード(一般・ゴールド)
  • JCBプラチナ法人カード
  • 三井住友ビジネスカード(クラシック・ゴールド・プラチナ)
  • アメリカンエキスプレス・ビジネスカード (一般・ゴールド)
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード
  • ライフカードビジネス (一般・ゴールド)
  • 楽天プレミアムカード
  • ダイナースクラブ ビジネスカード
  • MUFGカード ビジネス (一般・ゴールドプレステージ)
  • MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ANA JCB 法人カード(一般・ワイド・ワイドゴールド)
  • オリコ EX Gold for Biz
  • UC法人カード (一般・ゴールド)
  • コスモコーポレートJCBカード(一般・ゴールド)
  • ビジネクエスト法人クレジットカード(一般・ゴールド)※2017/6/20追記!

その他にも法人クレジットカードはありますが、知名度が低い提携カード、比較せずとも劣りそうな法人クレジットカードは省きました。
上記以外におすすめの法人クレジットカードがあればぜひ教えてください。

法人クレジットカードを選ぶときのポイント

おすすめの法人クレジットカードを紹介する前に、法人クレジットカードの選ぶポイントを2つほど紹介します。

①還元率だけでなくサービスも重視する

少しでも還元率が高いクレジットカードのほうが良いですが、「還元率は大抵0.5~1%強」です。
0.5%と1%だと2倍になりますが、年間500万円のクレジットカード利用だとして、2.5万~5万円で、せいぜい2万円程度の差でしかないんですね。

ゴールドカードやプラチナカードで受けられるサービスの価値だけで数万円ほどの価値がある場合もあり、年会費が安くて還元率が高いクレジットカードよりも、年会費が高く還元率が低いがサービスが良いクレジットカードのほうがお得な場合もあります。
ですので、利用金額が小さいのであれば還元率の影響は受けにくいので、還元率よりも付帯サービスを重視して選ぶといいでしょう。
 

対して、クレジットカードの利用金額が年間2,000万円となると10~20万円と差は大きくなるので、話が変わってきます。
クレジットカードの利用金額が大きい場合には、還元率を重視しても良さそうですね。

ですので、年間のクレジットカード利用金額がどの程度になりそうか計算しておくとイメージが付きやすいでしょう。

②従業員の追加カードも含めて考える

法人のクレジットカードを作る理由のひとつとして「従業員用にクレジットカードを作りたい」という考えがあるかと思います。
少なくとも、自分自身は従業員が業務でクレジットカードを使う必要が増えてきたため、法人クレジットカードを利用することにしました。

追加カードの年会費も従業員数が増えると中々かさむため、どの程度の人数になるか目安をつけておくとよいです。
本会員の年会費よりも、追加カードの年会費のほうが支払い総額が大きくなる可能性もあるので、その点は注意しておきましょう。

また、追加カードの枚数に限度がある法人クレジットカードもあるのでご注意ください。
 

それでは、それらの選ぶポイントを踏まえて、おすすめの法人クレジットカードを紹介します!

おすすめの法人クレジットカード4選

・お得度/ブランドの総合力で選ぶなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス」
・サービスの質/ブランドで選ぶなら「三井住友ビジネスプラチナカード」
・還元率/お得さで選ぶなら「オリコ EX Gold for Biz」
・従業員利用含めたお得さで選ぶなら「ダイナースクラブビジネスカード」

お得度/ブランドの総合力で選ぶなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」

saison

「セゾンプラチナビジネスアメリカンエクスプレスカード」は”年会費のお得さ”と”ブランド力”から選びました。
少人数で使うのであればダイナースクラブビジネスカードよりお得で、三井住友ビジネスプラチナカードと差がない付帯サービスの質やブランドです。

年会費は2万円ですが、「年間200万円以上の利用で次年度の年会費1万円」となり、サービスの質を考えると破格の安さです。
また、還元率に関しても、ポイント還元でもマイル還元でも1%超えとトップクラスの高還元率となります。特にマイル還元率が高く年間500万円の利用で5万マイル以上貯めることが可能です。

サービスの質はプラチナカードということで、「空港ラウンジが利用可能なプライオリティパス」「コンシェルジュサービス」「一流レストランの優先予約権」など充実しています。

難点としては、追加カードが4枚までになること。
大人数の利用となると、ダイナースクラブビジネスカードのお得でしょう。また、ブランドがアメリカンエクスプレスとなり、利用できない場面に遭遇する可能性はVISAやMasterに比べると高くなりそうです。

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードの基本情報

  • 本会員の年会費:20,000円(年間200万円以上の利用で次年度1万円)
  • 追加カードの年会費:無料(4枚まで)
  • 最大ポイント還元率:1%
  • 年500万円利用時の還元金額の目安:50,000円
  • 年500万円利用時の還元マイル数の目安:56,000マイル
  • 注目の特典:「空港ラウンジが利用可能なプライオリティパス」「コンシェルジュサービス」「一流レストランの優先予約権」
自分は年会費のお得さとサービスの質から、セゾンプラチナアメックスを使っています!
今の会社規模だと追加カードは4枚で十分で、アメックスの決済で不便を感じることはありません。

審査も早く申込から1~2日後には返事がきました。

サービスの質/ブランドで選ぶなら「三井住友ビジネスプラチナカード」

mitsui
定番ブランドでサービスの質で選ぶなら「三井住友ビジネスプラチナカード」もおすすめです。
年会費は5万円と高いですが、 利用金額に応じて“ギフトカードが最大6万円もらえる”ので十分にお得です。
そしてプラチナカードということで、サービスの質は「コンシェルジュサービス」「一流レストランが1名無料」「空港ラウンジのプライオリティパス」と充実しています。

プラチナカードではなくてゴールドカードでいいや、と思うかもしれませんが、前述したギフトカード還元があるため利用金額次第ですがプラチナカードのほうがお得になることが多いでしょう。

ギフトカード還元を除いた還元率は一般的ですので利用金額が高くなると還元率からやや損ですが、サービスの質を考えると十分に魅力的な法人クレジットカードと言えます。

・三井住友ビジネスプラチナカードの基本情報

  • 本会員の年会費:50,000円
  • 追加カードの年会費:5,000円
  • 最大ポイント還元率:0.5%
  • 年500万円利用時の還元金額の目安:25,000円
  • 年500万円利用時の還元マイル数の目安:15,000円
  • 注目の特典:「最大6万円分のギフトカードプレゼント」「コンシェルジュサービス」「一流レストランが1名無料」「空港ラウンジのプライオリティパス」

還元率/お得さで選ぶなら「オリコ EX Gold for Biz」

orico

還元率やお得さで選ぶなら「オリコ EX Gold for Biz」が断トツ一番でした!
まずは年会費は年2,000円と安く、クレジットカードをそこまで使わないかたでもお得に利用できます。
そして、“追加カードも3枚までなら無料”となります。

還元率に関して、利用金額が多ければ還元率1.1%まで上がり、法人クレジットカードのなかでは上位の高還元率です。

「空港ラウンジが使える」などの付帯サービスはなく、付帯サービス自体はあまり期待できません。
また、オリコビジネスカードGoldはポイントサービスはありませんので、EX Gold for Bizと付いた法人クレジットカードを選んでください!

オリコ EX Gold for Bizの基本情報

  • 本会員の年会費:2,000円
  • 追加カードの年会費:無料(3枚まで)
  • 最大ポイント還元率:1.1%
  • 年500万円利用時の還元金額の目安:55,000円
  • 年500万円利用時の還元マイル数の目安:15,000マイル
  • 注目の特典:「有名レストランにて1名無料」

従業員利用含めたお得さで選ぶなら「ダイナースクラブビジネスカード」

diners

「ダイナースクラブビジネスカード」は年会費が27,000円と高いですが、
注目すべきは従業員用の追加カードの年会費が何枚でも「無料」になること。

年会費3万円の法人クレジットカードの追加カードとなると、通常5,000円程度の年会費がかかります。
サービスの質はゴールド/プラチナ級なので、それらが無料で使えることを考えると断然お得です。
そして、還元率に関してですが、マイルに還元した場合は還元率1.1%とトップクラスの高還元率です。

付帯サービスもプラチナカード級で、「利用限度額なし」「空港ラウンジが利用可能」「人気レストランの食事代が1名無料」「プライベートアドバイザーに税務相談など可能」など、年会費分の価値はあるでしょう。サービスの質を考えると、断然お得なクレジットカードです。

難点としては、審査がやや厳しいことですね(申し込んだのですが、審査落ちしました・・)

ダイナースクラブビジネスカードの基本情報

  • 本会員の年会費:27,000円
  • 追加カードの年会費:何枚でも無料
  • 最大ポイント還元率:1.2%
  • 年500万円利用時の還元金額の目安:60,000円
  • 年500万円利用時の還元マイル数の目安:20,000マイル
  • 注目の特典:「利用限度額なし」「会員制サロン@銀座の無料利用」「人気レストランの食事代が1名無料」
    「空港ラウンジが利用可能」「プライベートアドバイザーに税務相談など可能」

その他比較した法人クレジットカードに軽くコメントしておきます

厳選した結果、紹介した4枚の法人クレジットカードのなかから選ぶのがいいかと思いますが、実際に調査し比較した残りの法人クレジットカードの使い勝手はどうなのか、軽くコメントしておきます。

・ビジネクエスト法人クレジットカード(一般・ゴールド)

年会費無料でポイント還元(0.5%)付きのクレジットカードはビジネクエストだけ。
上記で紹介したおすすめのクレジットカードに匹敵するほどですが、カード利用金額が大きければポイント還元率が高いクレジットカードのほうがおお得です。
「とりあえず法人クレジットカードがほしい」「利用金額は月5~10万円以下」のかたであれば最適です。
詳しくは下記の記事も参考にしてみてください。
『フリーランスにおすすめ!年会費無料の法人クレジットカードならビジネクエスト!』

・楽天プレミアムカード(+ビジネスカード)

還元率は1%以上とトップクラスの還元率で、作りやすさも高いですが、一番の難点は追加カードが作れないこと。
※楽天プレミアムカードの追加カードという形で、法人カードとなるビジネスカードを作る形になるので、従業員用に追加カードは作れません
個人事業主で従業員用の追加カードが不要であれば検討の余地ありです!

・ライフカードビジネス (一般・ゴールド)

ライフカードビジネスは年会費無料で作ることができますが、ポイントが全く付きません。
クレジットカードはほぼ使わないけど持つ必要がある、という稀なケースには良いかもしれませんね。
ゴールドカードにするとポイント還元はありますが、決してお得ではありません。

・アメリカンエキスプレス・ビジネスカード (一般・ゴールド)

高還元率でサービスの質も高く、悪くないのですが、提携カードであるセゾンプラチナアメックスのほうがお得です。
国際ブランドのアメリカン・エキスプレスが直接発行するプロパーカードになるため、ブランド力は高いです。
また、年会費13万円のプラチナカードを目指すならありですが、コストパフォーマンスは正直高くありません。

・JCB法人カードなどJCB系カード

還元率も1%以下で高くなく、付帯サービスも普通で特筆すべき点が正直ないです。

・MUFGカード ビジネスなどMUFGカード

還元率が高いカードもあり、MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは悪くないのですが、ダイナーズクラブビジネスカードやセゾンプラチナアメックスのほうがお得です。

・ANA JCB法人カードなど

ANAの提携法人カードでマイル還元率は一般より高いですが、それでも普通です。

・UC法人カード (一般・ゴールド)

年会費や還元率は平均的な数値なので、あまりおすすめできませんが、「ETCカードが99枚まで追加発行できる」のは特徴です。
車を業務で使うことが多いケースでは相性が良いと言えそうです。

・コスモコーポレートJCBカード(一般・ゴールド)

年会費や還元率、付帯サービスに関しては普通ではありますが、コスモ石油をよく利用するかたにとってはメリットが多い法人クレジットカードです。

法人クレジットカードを選ぶならおすすめの4枚から!

主要25枚の法人クレジットカードを比較しましたが、上述した通り、おすすめの法人クレジットカードはこの4枚。

・とりあえず安くお得さ重視なら「オリコ EX Gold for Biz」
・従業員利用も考えて選ぶなら「ダイナースクラブビジネスカード」
・ブランド重視なら「三井住友ビジネスプラチナカード」
・少人数でのお得さとサービスの質で選ぶなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」

一番のおすすめは自分も使っている「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」
プラチナカードでサービスの質が高いにも関わらず、年会費は“1万円”に抑えることができ、さらに高い還元率。
いきなり年会費3~5万円となるとハードルが高い、という人にもちょうどいいでしょう。

長い目で見ると「ダイナースクラブビジネスカード」も追加カードが何枚でも無料で捨てがたいですね。
既に従業員数が多い企業であればこちらの法人クレジットカードのほうが相性は良さそうです。

法人クレジットカードを作ろうと検討している経営者、個人事業主のかたは参考にしてみてください。